イメージ1

坊主に近い髪の毛に

頭頂部と前髪が薄毛の人は、どうしても薄い部分を隠したくなるのが人情でもあります。ここはやはり、薄毛を隠さずに短髪にしていきましょう。坊主に近い状態にすることで、逆に薄毛を目立たなくする方法があるのです。

髪を坊主に近い状態にすることで、全体的に肌が見えるようになります。全体的に肌が見えることで、きちんと髪の毛が生えている箇所と頭頂部や前髪の薄毛になっている部分の区別がつかないようになります。

髪の黒が少なくなる分目立たなくなるのです。このような理由で、頭頂部と前髪が薄毛の人には坊主に近い髪の毛にすることで薄毛が分からなくなるのです。


髪の毛を明るい色に染める

さらに目立たなくなるようにもできます。それは、髪の毛を明るい色に染めることです。髪の毛を明るい色に染めることで、頭皮と髪の毛の色が近い色になってきます。そのようにすることで、薄毛になっている箇所が目立たなくなるのです。また、ここでも薄毛になっている箇所を隠すのではなく、オールバックでその部分を晒すことで意外にも似合う髪型なのです。

オールバックは非常にセットすることが難しい髪型でもあるのですが、大人の男には非常に似合う髪型でもありますので是非お試しください。まずは、霧吹きを使用して髪全体を濡らすようにしていきましょう。

次に、髪の毛の根元からブラシをしていきます。そして、そのまま髪の毛をブラシを使用して後方へ引っ張っていきます。その時に、ドライヤーの熱風を一瞬だけ当てるようにして髪の毛を冷やすようにしてください。その次に、ワックスを使用してこのオールバックスタイルを維持させやすいように全体的にワックスをつけるようにしましょう。